FotoJet (26)

世界の生活水準の向上に伴い、今では台所用品のシリコン素材がほとんどの道具を占めています。鍋やフライパンはシリコン素材を選び、シリコンヘラもシリコン食器のカテゴリーの1つを占めています。eco friendly cutlery setシリコン素材は安全で環境に優しい素材です。一部はナイロンです。ハードウェアと互換性がありますが、純粋なシリコン材料も存在します

純粋なシリコンツールは、初期には最も広く使用されていたツールの1つでした。純粋なシリコンナイフの使用は、主にケーキの切断と混合の機能のためです。成形後、高温二重加硫が行われ、品質管理検査が行われ、トリミングによって操作プロセス全体が完了します。

金属包装シリコーンゴムスクレーパーは異なり、主に金属包装や接着成形に使用されます。金属包装の利点は、使用力が大きく、切断や切断が使いやすいことと、金属包装シリコンが欠点です。ゴム技術は複雑です。加工工場で製造する場合、金属包装材を型に入れて固化させる必要があります。

包装技術に加えて、シリコンゴム切断機ハードウェアとシリコンゴムの接合は一般的な食器の1つであり、主にシリコンゴム切断機に使用されます。ハンドル部分は硬質ゴムで作られています。この技術は不良率を減らすことができます。 。ボンディング技術のコストはハードウェアパッケージング技術とは異なりますが、製品の実際の効果も異なります

ナイロン包装スクレーパーは、ハードウェア加工の技術的手法と同じように現在広く使用されている製品ですが、後から使用することで消費者の体験が向上します。ナイロン素材には一定の温度効果と一時的な鋸歯状の効果があります。使用に一定の強みがあります

同じプロセスで、有機シリコンパッケージング処理、有機シリコンプラスチック処理、ナイロン有機シリコンプロセスを使用すると、より強力になり、その後の耐用年数もより長くなります。

関連記事:

非常に多くの素材を使用した食器、最も美しく自然なのは木製の食器です

環境にやさしい食器が人気のトレンドになっていますが、最も環境にやさしい食器を選ぶには?

材料が異なれば問題も異なり、健康的な食事の本質を理解する